平野区加美東の眼科なら『平本眼科クリニック』へ。当院はJRおおさかひがし線「新加美」駅より徒歩約7分、JR関西本線「加美」駅より徒歩約6分の所にございます。一般眼科診療をはじめ、日帰り手術やレーザー光凝固治療、白内障の治療及びコンタクトレンズ処方を行っています

多焦点眼内レンズについて

  • HOME »
  • 多焦点眼内レンズについて

多焦点眼内レンズについて

通常、白内障手術で眼の中に入れるレンズは『単焦点レンズ』といって、焦点(はっきり見える距離)が1つに固定されたレンズです。単焦点レンズの場合、焦点以外の距離をはっきり見たい、というときはメガネが必要になります。例えば、焦点が遠くのレンズを入れた場合は、近くの新聞や雑誌の小さな文字をはっきり見たいときには、老眼鏡が必要になります。反対に、焦点が近くのレンズを入れた場合は、遠くをはっきり見たいときは、メガネが必要になります。

最近になり、『多焦点レンズ』といって、焦点が2か所または3か所ある眼内レンズが発売されました。このレンズは、遠くと近く、あるいは遠くと中間距離、遠くと中間距離と近く、など焦点を2ヶ所あるいは3か所に分けて作られており、うまくいけば術後にメガネをかける頻度を減らすことができるものです。スポーツをする際などにメガネがわずらわしい、という方には適しているレンズといえるかもしれません。ただし、術後に見える映像の鮮明度を単焦点レンズと多焦点レンズで比較した場合、多焦点レンズは、物から出る光を2つまたは3つの焦点に分けている分、鮮明度が少し落ちます。また、夜間に街灯の光がにじんで見えたり、光の周囲に輪がかかったように見える現象(ハロー、グレア)が単焦点レンズに比べて出やすい傾向にあります。また、多焦点レンズは、眼底疾患や乱視がある方には適応にならない場合もあります。

現在、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は、健康保険による医療の対象外であり、自由診療(自費)での手術になります。一方で、この手術は、厚生労働省により先進医療として認定されており、医療保険の『先進医療特約』に加入している方は、保険会社から契約に応じて手術費用が支払われる場合があります。

白内障手術を考えている方で、自分は多焦点眼内レンズの適応なのかどうか?手術についてさらに詳しく聞いてみたい、などありましたら、当院でも対応しておりますので、お気軽に診察時に尋ねてみてください。

診療時間

診療時間
 09:00~12:30
16:00~19:00 手術

休診日:木曜午後、土曜午後、日曜、祝日
木曜日と土曜日は13:00まで

クリニックのご案内

〒547-0002
大阪府大阪市平野区加美東1丁目
13-43

JRおおさかひがし線
「新加美」駅より徒歩約7分
JR関西本線
「加美」駅より徒歩約6分

お気軽にお問い合せ下さい。

TEL:06-6796-7073

問診票ダウンロード

事前に問診票を書いてお越しいただくと、スムーズに受付ができます。ご協力お願い申し上げます。
問診票ダウンロードはこちら[PDF]

〒547-0002
大阪府大阪市平野区加美東1丁目13-43

JRおおさかひがし線
「新加美」駅より徒歩約7分

JR関西本線
「加美」駅より徒歩約6分

PAGETOP
Copyright © 2020 平本眼科クリニック All Rights Reserved.